【体験談】バイク王を利用して分かった本当の口コミ
バイク王の評判 > バイク王が帰らないという口コミを考える

バイク王が帰らないという口コミを考える

バイク王が帰らない

 

バイク王の悪い口コミでよく見かけるもの。
そのひとつが出張査定を頼んで査定してもらい、査定額が安いので「売らない」と言っているのに帰ってくれないというもの。

 

バイクを売るのを断ろうとすると、「出張するためにガソリン代などの費用も掛かっている」と嫌味を言われたり、「処分する費用が浮いただけでもラッキーと思ってください」とまるで廃車同然の扱いを受けたあげく、1時間でも2時間でも自宅前で粘られて「売る」というまで引き下がってくれないというもの。

 

バイク王の公式サイトには「査定に納得できなければ売らなくてもOK」みたいに書いてあるのに、これが本当なら査定を申込む立場としては困りますよね。

 

しかし、ひと昔前の訪問販売ならいざ知らず、企業がこぞって顧客からの満足度アップに力を注ぎ、ユーザーの口コミによる顧客獲得狙っている今の世の中。

 

わずかな利益を上乗せするため、「クレームが出ても構わんから買い叩け!」という昔ながらの営業を仕掛けているというのは疑問。
増してやバイク王は東証二部上場の有名企業。そんな営業をしてたらマスコミがすぐ記事にするはずです。

 

本当に売るまで帰ってくれなかったらどうする?

この記事を読んでいる人の多くはネットでバイク王の悪い口コミを見て、「本当に売らなければ帰らないのか」が気になっている人たちでしょう。

 

正直言って、私自身はネットで書かれているような接客態度を取られたこともないし、他店での買取価格より大幅に安い値段を提示され、売るまで帰ってもらえなかったこともありません。

 

しかし、本当に口コミに書かれているような悪質な接客をされ、出張査定に来た査定作業員が帰ってくれず、無理やりバイクを売らされたならクーリングオフ制度が使えます。

 

この制度が使えるのはバイクを売ってから8日以内で、出張買取での事案に限定されますが、本当に納得できない方法で買取りをされたならクーリングオフを使って契約を破棄できます。

 

でも、ネットに書かれている悪い評判の数に比べたら、「バイク王に売ったバイクをクーリングオフで取り戻した」という書き込みはあまりないのが現実。

 

実際はネットに書かれているほど悪い買取りは行われていないという証拠でしょう。